[東京]神楽坂の新たなコミュニティ空間海外旅行者が集まるホステルへ

[東京]神楽坂の新たなコミュニティ空間海外旅行者が集まるホステルへ

[東京]ホッとする神楽坂

休日は、体だけでなく心もリラックスしたい。
そんなときは、居心地のいい場所を求めて神楽坂へ行ってみよう。
情緒あふれる坂道をぶらぶらと散歩して、神社やお寺にごあいさつ。
映画を見たり、買い物をしたり、気の向くままに。
最後においしいものを食べたら、心まで充電されているはず。

[東京]神楽坂の新たなコミュニティ空間
海外旅行者が集まるホステルへ

2016年オープンしたホステル「UNPLAN」。いろいろな出会いが生まれる、神楽坂の新しいスポットを訪れてみよう。

神楽坂上の住宅街に、3階建ての白い建物が2016年誕生した。通りに面した空間は、カフェのような落ち着いた雰囲気で、小さな子どもを連れた親子や本を開く女性の姿が見える。中に入ると、左手に大きなテーブルがあり、ガイドマップがずらりと並び、バックパックを背負った外国人が、スタッフと何か話をしている。ここは、2016年オープンしたばかりのホステル「UNPLAN」。ドミトリーと個室あわせて、74ベッドを備えた宿泊施設なのだ。
 人が集まり、出会いの生まれる場所をつくりたい。そんなオーナーの気持ちから生まれたこの場所は、外国人の旅行者たちが多く集まる。旅人たちは、スタッフから街の情報を聞いたり、宿泊者同士で情報交換をしたり、ときには週末に開かれる鍋パーティなどのイベントに参加することによって、東京での滞在をより楽しむことができるのだという。イベントは、宿泊者以外も参加が可能。東京に住む日本人と、海外からの旅人たちとの交流の場にもなっている。
 昼はラウンジでのんびりコーヒー、日が暮れたらバーでカクテル。そうしたら、たまたま出会った旅人と意気投合。飲み過ぎたからそのまま泊まってしまおうか…そんなふうに、”行き当たりばったり”で出会いが楽しめる「UNPLAN」。きっとこれから、神楽坂の新しい魅力になっていくはず。

2Fのドミトリー。1Fと3Fは女性専用の宿泊スペースもある。宿泊料は、ドミトリーが4500円、個室が1万9800円(宿泊料は時期によって変動)。

ゆったりと足をのばしてリラックス。ゲストに人気のバスタブ。

ラウンジは、ランチメニューも充実! グリーンカレー980円、チキンサラダ880円(いずれもドリンク付き)。ドリンクは、+200円でスペシャルティコーヒーを選ぶこともできる

1Fのラウンジスペースは、宿泊者以外でも利用できる。昼はカフェとして、夜はバーとして営業。近所の花屋「小路苑」が手がけた植物が心地よい空間を演出している

フレンドリーなスタッフも国際色豊か。右から台湾人のヨズさん、アメリカ人のデリスさん、ノルウェー人のマグナスさん

UNPLAN kagurazaka

新宿区天神町23-1
☎03-6457-5171
[営]ラウンジ8:00〜23:00(L.O. 22:30)
※日曜日の営業は19:00まで(L.O. 18:30)
http://unplan.jp

提供元:metropolitana