北海道 - アクセス抜群!札幌市内でスキー・スノーボーディングが楽しめるスポット

北海道 - アクセス抜群!札幌市内でスキー・スノーボーディングが楽しめるスポット

本格的な冬を迎えるこの時期、スノースポーツを楽しみたいと考えるかたも多いのでは。日本でスノースポーツを楽しむなら、だんぜん北海道がおすすめです。北海道の中でも他のスポットに移動がしやすい札幌周辺に、本格的なスノースポーツを楽しめるスポットがあります!今回は北海道の中でも札幌近郊のスノースポーツ・スポットをご紹介していきます。札幌周辺であれば、観光と合わせてスノースポーツを堪能することもできます。

なぜ北海道でスノースポーツがおすすめか、理由をいくつか述べていきます。一つ目の理由は日本の本州より雪質が良いこと。「北海道で滑ると上手くなった錯覚をおこす」と言われるほど、緯度や標高の高さも手伝って、滑りやすくなります。ヨーロッパなどまで行かずに雪質の良さを求めているかたにはうってつけ。雪質が良いため、エッジが入りやすく、ターンも楽にできてしまいます。1972年札幌オリンピックで使われたコースはもちろん第8回冬季アジア札幌大会に使われる会場も、開催期間(2017年2月19日(日曜日)~26日(日曜日))以外であれば使用できます。パウダースノーの北海道で普段とひと味違う滑りが堪能できます。

二つ目の理由は、ゲレンデの人口密度が低いこと。敷地が広いので滑っている人もまばらで、リフトの待ち時間や他の人との衝突といったストレスなく、思い切りゲレンデを楽しむことができます。ただしこの点にはデメリットもあり、人がいないと怖い状況も考えられます。例えばゲレンデが吹雪いてきて前が見えないような状況になったら、すぐにゲレンデを降りたほうが良いでしょう。

三つ目の理由は、とにかくコースが充実していること。お子さまと楽しめるコースだけでなく、中上級者でも大満足してしまうほど沢山のコースがあります。テイネスキー場では「山スキー」のようにコース外を走ることが許可されています。滑りと体力に自信のあるかたは挑戦してみては?本格的なスキー&スノボでなくてもクロスカントリーやスノーシュー、チューブそりなどで普段できないアクティビティを親子で楽しむのもおすすめです

楽しく滑った後は、ホテルに戻って北海道グルメを満喫するのも良いですね。ゲレンデ周辺にはあまりロッジ以外の飲食店がないので、早めに切り上げて札幌に戻るか、近くのホテル利用がおすすめです。天候の確認と防寒対策をしっかりしてスノースポーツをお楽しみください!

特集スポット