北海道 - 旅の疲れを癒せる、札幌で雪景色が楽しめる温泉

北海道 - 旅の疲れを癒せる、札幌で雪景色が楽しめる温泉

札幌から車で1時間ほど、支笏洞爺国立公園内にある定山渓温泉は、1866年に修験僧がアイヌの案内で出会った温泉地。北海道の代表的な温泉街である定山渓には、無料で楽しめる足湯や手湯がいくつもあるほか、いろいろな宿の温泉が楽しめる温泉手形、白糸の滝や二見吊橋などバラエティに富んだ美しい景観など温泉と大自然の両方を楽しむことができます。

和のしつらえと日本のおもてなしを感じたいならば、「ぬくもりの宿 ふる川」へ。8階にある展望浴場は、古い木材と大きな石を使った重厚なしつらえで、四季折々の自然を感じられる「露天風呂」や乾燥よもぎを使った「よもぎ寝湯」といった施設に加え、家族や友人と気兼ねなくくつろげる「貸切檜風呂」や「貸切岩盤浴」もあり、心ゆくまで温泉を堪能できます。食事は和にこだわり、道産の新鮮な魚介や野菜を使った和食です。暖炉のあるラウンジや道内の作家の絵画や彫刻が飾られている「ギャラリー蔵」など館内施設も充実しており、温泉と美味しい食事、スタッフのおもてなしで、くつろいだ大人のひとときを過ごすことができます。

定山渓の目抜き通りある和風旅館が「花もみじ」は、宴会場や土産店もある大規模な老舗の旅館で、広々とした館内は、子供も大人ものんびりとくつろげる空間です。大浴場は2つ、貸切湯は3つあり、温泉は泉質にこだわりすべて源泉を使用しています。12階にある展望浴場からは、定山渓の四季折々の景色が見渡すことができ、また、すべての客室からも定山渓の山が望めるつくり。料理は和食がメインで、北海道の旬の食材を豊富に使用し、料理人が丁寧に仕上げています。温泉と食事とともに、定山渓の美しい景観を楽しめるところです。

「定山渓第一寶亭留 翠山亭」は、3本の源泉をブレンドした濃厚な温泉と、きめ細かなおもてなしで、大切な人の記念日にもぴったりの温泉宿です。部屋の半数以上に源泉を引いており、部屋での温泉が楽しめるほか、檜や軟石を使った露天風呂や湯治場の雰囲気を今に伝える源泉かけ流しの内湯、貸切風呂などの湯巡りが人気です。館内には大きな日本庭園やギャラリーから宴会場やカラオケボックスもあり、幅広い年代の方が、様々な楽しみ方ができる場所です。

特集スポット