名古屋グルメ食べ歩きコース

名古屋グルメ食べ歩きコース

名古屋は名古屋城などの観光地だけでなく、グルメな街としても有名です。ひつまぶし、味噌カツ、手羽先、味噌おでん(どて焼き)、ういろう…など、東京都とは違った食文化が発達しています。最も異なる点は、味つけに赤色の味噌が使われていることでしょう。

「赤だし味噌」「赤味噌」などと呼ばれる名古屋特有の味噌は、「八丁味噌」と言います。厳密にいえば、愛知県岡崎市の「カクキュー」「まるや」という2つの味噌蔵で作られている赤い味噌が「八丁味噌」なのだそうです。この「八丁味噌」の味は、普通の味噌よりも味にコクがあり、深みのある味わいをしています。代表的な日本の家庭料理であるみそ汁にも使われることも多い八丁味噌は、名古屋をはじめ中部地方を中心に広く愛されています。

名物の味噌カツや味噌おでん(どて焼き)はまさにこの赤い味噌を使った名古屋名物。とんかつに味噌だれがかかった味噌カツは一見、味が濃いように見えますが、まろやかで甘辛い味わいです。味噌味のスープにこんにゃくなどの具をつけ込んだ味噌おでんも、試していただきたい一品。味噌味の煮込みうどんも赤い味噌をつかっており、人気メニューのひとつです。名古屋に行くと味噌味のメニューの多さに驚くかたもいるかもしれません。

鰻料理は食べたことがあってもひつまぶしは食べたことがないという方は、名古屋に行ったら是非とも試してみてください。うな重とは異なり、ひつまぶしは①そのまま食べる②薬味をつけて食べる③お茶漬けにして食べる、という3通りの食べ方ができます。特にお茶漬けにしてひつまぶしを食べるのは普段とは違った味が楽しめておすすめです。ひつまぶしは名古屋が発祥となった食べ方なのでぜひ試してみてください。

他にも人気の手羽先を食べるのもおすすめです。名古屋の手羽先はとてもスパイシーでお酒がすすみます。他にも名古屋の料理はお酒によく合う濃いめの味付けのものが多いので、お酒好きにはたまらないかもしれませんね。お土産には名古屋名物のういろうはいかがでしょうか。見た目は羊羹のようですが、ういろうは米粉が原料となっており、甘すぎずさっぱりといただけます。男性にもおすすめできるスイーツです。

特集スポット