北の味覚が勢ぞろい! 北海道のグルメを満喫しよう

北の味覚が勢ぞろい! 北海道のグルメを満喫しよう

  • 味噌ラーメンに海鮮丼、じゃがバターなどなど、様々な絶品グルメが楽しめる北海道札幌市。JR札幌駅構内には北海道サッポロ「食と観光」情報館、市内には道産品アンテナショップが設置されているなど、飲食店を含む食品産業に力を入れています。市内には魅力的なグルメがあふれているため、初めてこの地に訪れたらどれから手を付けるべきか大いに悩むことでしょう。

  • 特に何度も訪れることが難しい外国人観光客ならなおさらです。どうしても自分では決められないのであれば、数ある北海道グルメの中でも近年特に人気を博しているジンギスカンあるいはスープカレーに狙いを絞ってみてはいかがでしょうか。

  • ジンギスカンとは羊肉の焼肉料理のことで、札幌のソウルフードのひとつに数えられています。特徴は肉を焼く鉄板中央が兜のようにまるく盛り上がっていることで、鉄板ふちは中央からしたたり落ちてくる肉汁が調味料代わりになるため、よりおいしく野菜を焼くことができるのです。羊肉は、多量のビタミン類、高タンパク、豊富なミネラルを含み低カロリー。とても栄養があるヘルシーな肉なのです。肉を大きくわけるとラムとマトンがあり、よりやわらかさを求めるのならラムを選ぶとよいでしょう。

  • 札幌市のジンギスカンは、本場だけあり昔ながらの庶民的なお店からオシャレで多様なメニューも揃うお店など様々ですが、人気のお店は3000~5000円程度でディナーを楽しめます。日本の庶民的な雰囲気を楽しみたいのなら「さっぽろジンギスカン本店」。味自慢のお店として全国的に知られています。
    また多様なメニューを楽しみたい方には「サッポロビール園」。ここはジンギスカンとビールが自慢のお店ですが、カニや寿司などのメニューも楽しめます。

  • 一方もうひとつのお勧め札幌グルメのスープカレーは、ジンギスカンと並ぶ札幌のソウルフードです。一般的な日本式カレーとは異なり、とろみのないスープ状のルーが特徴で野菜や肉などの具材はかなり大きめ。市内では、味にこだわり角煮や魚介類を具材に贅沢に使うなどして各店がしのぎを削っています。予算はだいたい1000~2000円程度とジンギスカンと比べると若干リーズナブル。手軽に北海道グルメを味わいたいのであれば特にお勧めです。なおインド風味や日本風味、また辛さなどでお店によってルーがだいぶ異なるのもスープカレーの特徴。中にはかなり辛い味付けのお店もあるので注意です。

特集スポット