徳寿宮

【スポット情報】

概要

韓国の5大王宮の一つ徳寿宮(トクスグン)。ソウル市庁横の高層ビルがそびえ立つビジネス街にあり、一種のオアシス的な空間で、昼休みはサラリーマンも散歩していたりします。元々は朝鮮時代の王族が住んでいた邸宅でしたが、朝鮮時代中期に臨時に王の居所がここに移されて、宮殿としての性格を持つようになりました。建物のほとんどは伝統的な韓国の様式ではなく、西洋の建築が多いです。国の公式行事をつかさどった東洋式の建物や水時計の一部、伝統的な鐘もあります。正門である大漢門の前で王宮を守る兵士たちの勤務交代式も再現されています。

ジャンル その他
住所 ソウル特別市 中区 貞洞 5-1
電話番号1※ +82 27719955
基本メニュー 満18歳以上 1,000ウォン 満7~18歳 500ウォン 6歳以下 無料 ※統合観覧券(10,000ウォン、有効期間1カ月)を購入すると、4大宮(景福宮、昌徳宮(後苑含む)、昌慶宮、徳寿宮)と宗廟を観覧可能です。
店員の日本語対応 対応可
クレジットカード 対応可
営業時間 9:00~21:00※入場は閉園時間1時間前まで
交通情報 1号線市庁駅2番出口 徒歩1分
定休日 月曜日(ただし祝日と重なった場合は開館)

※ 日本国内からかける場合の電話番号です。

【関連記事をみる】